おはようございます

梅雨が吹っ飛び

夏が来た〜って感じですが

みなさんいかがお過ごしですか?

暑さに負けず頑張っていきましょう!

 

本日は

近頃ご依頼が非常に多い

新型ディフェンダーのヒッチメンバー取付作業を

しっかりとご説明させて頂こうと思います。

 

当店SUNWORKSのオリジナルブランド[ S+ ]にてリリースさせていただきました

新型ディフェンダー専用ヒッチメンバー

適合車種は

NEWディフェンダー90[LE62] と

NEWディフェンダー110[LE72]

ガソリン・ディーゼル共に取り付け可能でもちろん全グレードに対応します



強靭なボディを活かして

大型トレーラーまでしっかりと引けるように

強度抜群の仕様にしました

もちろん純正の牽引フックも移設可能



ブランドの証として

一つ一つシリアルナンバー入りのプレートを取り付けます



 

今回モデルとなるディフェンダーは埼玉からお越しいただきました

ガソリン車のP300ですね



P300とD300との違いは

マフラーの形状(遮熱板)くらいで

作業内容としては基本的に同じです



前回もお伝えしましたが

リインホースを取り外すにはボディフレームとマフラーの間にある

取付ボルトを外さないといけません



とは言っても

少し下にずらしていただくだけでOKです



スペースが確保できれば取り外しは難しくありません



片側に3本

長めのボルトが付いています



次に純正牽引フックベースを取り外し



リインホース本体も取り外します



 



このような状態ですね

 



次にS+のヒッチメンバーを取り付けますが

強靭に作ったため

そこそこ重いので少し頑張って取り付けます

 



仮固定できれば一安心

本体取付には純正ボルトを使用します



本体が固定できれば

牽引フックのベースを戻します



ここには付属のステンレスボルトを使用します



こちらもしっかりと固定したら

 



お次は配線ですね



丁寧に皮膜を剥いて



ハンダにて確実に繋いでいきます



配線の処理が終われば

バンパーを元に戻します



リヤバンパー下部には取り外しできるパネルがついており

そこからヒッチメンバーを出していますが

パネルを戻すには加工が必要になります



最小限の加工にするため

丁寧に少しづつ削っていきます



そして

取付出来れば完成です



 

以上が取付工程となります

 

連日の作業でだいぶ慣れてきたので

遠方からのお越しでもお預かりすることもなく

日帰り作業にて取付可能ですので

お気軽にお問い合わせください

 

また、キットにて販売・発送することも可能です

SUNWORKSのECサイトよりご購入ください

http://shop-sunworks309.com/    ← ECサイト

http://shop-sunworks309.com/?pid=168754253  ← ヒッチメンバーページ