おはようございます

昨晩はなかなか激しい雨でしたね

これが春の嵐かな?

 

桜もだいぶ咲いてきました


実は

工場の裏に隠れたスポットがあります

ほとんど人が通らないこの場所

静かで落ち着いてて

いい感じ

ここに家を建てたい今日この頃

 

さて

作業は久々オーディオカスタムです

車両はBMW F31 320d


 

ノーマルスピーカーは

悲しいほどにモヤっと不快な音

今回はユーザー様のご要望により

フロント&リヤ&サブウーファー全て交換です

 

 


まずはデッドニング

インナーパネルのサービスホールも

なかなかの大きさ

シーリングスクリーンを撤去し

アウターパネルの制振処理をした後

 

 

STPのAeroを施工します


取り付けるスピーカーはこちら

FOCALのES 100 K

セパレートタイプで

パッシブネットワークも付属

ポン付けとは言えませんが

 

 

軽くバッフルを作れば取り付けできます


ツイーターはこの部分につきます

純正だとメッシュにはなってませんが

オプションでツイーター部分がメッシュ化できます

取り付けは裏からポン付け

場所もいい感じです

 

 

 

続いてリヤ


リヤももちろんデッドニング

同じくレアルシルトで制振処理をし

Aeroにてサービスホールを塞ぎます

そうそうスピーカー背面には

ディフュージョンも施工してます

 

 


リヤのスピーカーには

IFBMW-Cを

こちらはコアキシャルタイプ

ドアにポン付けのタイプです

 

 

 


サブウーファーは

左右イスの下に取り付けされています

すこしズラして取り外し

純正のサブウーファーはこんな感じですね

このウーファーを撤去して

 

 

 


こうなります

接着剤で貼り付けられているので

切断しないと撮れません

まぁこの部分は

元に戻すことはないと思いますが

 

 

 


そして

FOCAL IFBMW-SUB.V2を取り付け

こちらは単品売りなので

2個購入が必要です

パッと見は純正クオリティ

 

 

 

作業が完了したら復元し完成です

 

簡単取り付けで音質アップ

(っと言ってもそこそこ時間のかかる作業ですが…)

純正のモヤモヤから比べると段違いのクリアー感

かなり良くなります

サブウーファーの出力は少し物足りない感じなので

ベストはアンプ内蔵プロセッサーのシステムアップかな

コスパは最高の商品でした

 

手軽に音質アップがしたいな〜って人にはかなりおすすめです

 

 

CONTENTS

WORKS

DEMOCAR